逮捕された女医・脇坂英理子容疑者 華麗な経歴からの転落

逮捕されたタレント女医・脇坂英理子は、元華族の超お嬢さま。どこで踏み外したのか?

 3月9日、詐欺の疑いで逮捕されたタレント女医・脇坂英理子容疑者(37歳)。

彼女が経営する美容クリニック「Ricoクリニック」で、患者を何度も診察したように装い、診療報酬を詐取した容疑です。これは指定暴力団住吉会系組長がからんだ一連の診療報酬詐欺事件のひとつで、単なる“ずさん経営”とは別次元の犯罪です。

ちなみに、同クリニックは2014年12月に貼り紙1枚で突然休業。脱毛コースなどを契約していた患者への返金もなく、苦情が相次いで、昨年5月には閉院しています。

そのトラブルの最中にも、脇坂容疑者はキャバ嬢ばりのハデメイクでバラエティ番組に出ては、「年収5000万」「ホストクラブで一晩900万豪遊」「男性経験800人」などと吹聴していたわけです。逮捕時のスッピンの老け込み具合に、ビックリした人も多いのでは。

◆有名な大名で、戦前は子爵だった「脇坂家」

実は、彼女が初著書を出した昨年、女子SPA!にもインタビューしてほしいと打診があったのですが、あまりのウサン臭さに迷っているうちに立ち消えになりました。

その時にいろいろ調べたのですが、実は、脇坂容疑者は大変な名家のお嬢様。父方の先祖は豊臣秀吉の家臣として活躍した武将の脇坂安治で、徳川幕府では脇坂家はたびたび老中を努めています。明治維新のあとは「子爵」に叙された華族なのです。

本人も「祖父の代まではお城に住んでいたそうです」「両親からは厳しくしつけられた」「そのせいか割と保守的な性格で、ピアスを開けるのに10年ほど悩みました」と話しています(※1)。

小学校から高校まで名門・東洋英和女学院、大学は東京女子医大と、お嬢様らしい経歴の脇坂容疑者。いったいどこで踏み外してしまったのでしょうか?

◆離婚後のホスト遊びが転落の始まりか?

本人のインタビューや著書から見るに、お嬢さまにありがちな“ワルに憧れる”面はあった模様。「映画『極妻』シリーズに憧れ、銀座のホステスさんになって極妻になろうと思っていた」(※1)とか、「若い頃から悪い人が好き」で大好きだった“不良”との結婚を、親の反対で諦めたと語っています(※2)。

本格的におかしくなったのは、どうやら離婚後のようです。

彼女は26歳のとき、「見た目も家柄も性格も良い、周りからみると完璧な」(※2)外科医と結婚しましたが、別居1年を経て31歳で離婚。

別居中にホストクラブにハマッって、総額数千万円のカード払いができず、親に泣きついたそうです(※1)。離婚後の2012年に、問題の「Ricoクリニック」を開業しています。

その後もホストクラブ通いは続いていたようで、2014年にはホストをめぐるトラブルか、風俗店の女にネットで脅迫されたりしています(その女は逮捕されました)。このホスト遊び期間に、暴力団ともつながりができたのでしょうか…。

著書『あざといGirl -教えてRicoにゃん先生! ラブマナー73』(2015年1月)では、「子宮がうずいたらやっとけ」「ナチュラルメイクでザコにモテても意味がない」など、お下品なノウハウを伝授していた脇坂容疑者。

スポンサーリンク
 そもそも「経験人数800人」なんて、週1で新しい男性を見つけても15年かかるわけで、ビッチ偽装としか思えません。

お嬢さまが何かのきっかけで乱心してしまうのは、珍しくないパターン。かつて『極妻』に憧れた令嬢は、ガチ極道の世界に足を踏み入れてしまいました。女子SPA!でインタビューしておかなかったのが残念です。

(※1)「週刊ポスト」2013.9.13号
(※2)Webサイト「ウートピ」2015.2.23

<TEXT/女子SPA!編集部>