実父による朗読。”いのちの授業”「6さいのおよめさん」に感動で涙が止まらない。

景子さんは小児がんにより6歳という幼さで天国へ旅立ちました。

景子さんの夢は”お嫁さん”になることでした。

頑張りやさんで優しい景子さんと、それを支える家族、友人の温かさ。

愛娘を亡くした実父が、19年かけてようやく書くことができた絵本「6さいのおよめさん」にとても感動したので紹介します。

 

 

【あらすじ】

ケイコちゃんは、小児がんという病気で入院しています。

いたい注射を毎日します。

でも、あばれることはしません。

注射が終わると、なみだを流しながらも「わたし、がんばったから」といいました。

ある日、ケイコちゃんはいいました。

「お母さん、ごめんね。わたしが病気だから、ずっと病院にいなくちゃいけないね」

やがて、ケイコちゃんは一人では歩けなくなってしまいます。

看護師の結婚式に車椅子で出席し、ブーケをもらったケイコちゃんは、「きれいだね。わたしも早く、およめさんになりたい」と言いました。

暫くすると、ケイコちゃんは自分ではベッドから起きられなくなってしまいました。

夏の日、6歳のケイコちゃんは、たった一人で天国に旅立ちます。

いよいよケイコちゃんと別れなければならなくなった時、お母さんがケイコちゃんに白いドレスを着せ、リボンを付けて、ブーケを持たせました。
「6さいのおよめさん。ケイコちゃんの夢はかないました」
もし、あなたがいなくなったら、みんながどれほど なみだを流すか。

とくに、お父さん、お母さんは、血のなみだを流すんだよ。

だから、どんなことがあっても、お父さん、お母さんより、ぜったい 早く死んではいけない!!

『いのち』を大切にしようね

出典:6さいのおよめさん