【死という現実から逃げるな】白血病により23歳で亡くなった青年の言葉が刺さる

「毎日を後悔しないように全力を尽くそう」

「当たり前に迎えることができる日々に感謝しよう」

などという心がけは、何不自由なく生きているうちについ忘れてしまいがち。

気づけばその日をだらだらと過ごしている毎日…

そんな私たちの心の奥底に突き刺さるような言葉があります。

『やれる可能性のあるやつが努力しないのを見ると、胸倉つかんで「俺と変われ」と言いたくなる。』

もっと生きたいという強い気持ちが生々しく伝わってきます。

この悠季くんの言葉は、ひすいこたろうさんの著書「あした死ぬかもよ?」に掲載されています。

人は、なぜか皆「自分だけは死なない」と思っているもの。

しかし、残念ながらどんな人でもいつか必ず死を迎えます。

それを受け止めることこそ、「生」を輝かせること。

スポンサーリンク

そうした考えのもと、悠季くんの言葉以外にもいくつかの言葉が掲載されています。