貸し切りバス運転手、高速道路を走行中にスマホ操作 「渋滞を調べるため」

旅行会社「クラブツーリズム」は、同社が主催するツアーで、客を乗せた貸し切りバスの運転手が、スマートフォンを操作しながら東名高速道路を走行していたと発表した。

目撃者が撮影した動画が短文投稿サイト「ツイッター」に投稿され、発覚した。バスは同社が契約した東京都内の業者が運行しており、クラブツーリズムは今後この運転手を乗務させないよう要請した。

クラブツーリズムによると、20日午前9時ごろ、東京を出発して静岡県内に向かう日帰りツアーで、契約していた貸し切りバスの40代の男性運転手が東名高速を走行中、スマホを操作していた。当時乗客36人が乗っていたが、事故はなかった。

スポンサーリンク

この様子を撮影した動画がツイッターに投稿されて発覚。バス業者側は、「渋滞情報や次のトイレ休憩の場所を調べるために操作していた」と説明し、運転手の処分を検討すると回答したという。クラブツーリズムは、「安全管理を徹底する」とコメントしている。