謝りながら骨を砕く…女子高生による殺処分された動物の命をつなぐプロジェクト

青森県立三本木農業高等学校の女子高生たちが取り組む、「いのちの花プロジェクト」をご存知でしょうか。

日本では、年間約13万頭の犬や猫が殺処分されています。

おおよそ4分に1頭が殺されていて、その約半分は、離乳前の子犬や子猫なのです。

そんなペットたちの骨がゴミとして捨てられていることが見過ごせなかった女子高生たちは、骨を砕いて肥料にして花を咲かせる「いのちの花プロジェクト」を立ち上げました。

1330
スポンサーリンク

2012年にスタートしたこのプロジェクトは、2013年には「農業高校の甲子園」と言われる農業クラブの全国大会最優秀賞を、2014年には日本動物大賞のグランプリを受賞し、イギリスの愛護団体から援助を受けるなど、国内外で注目されています。