古舘伊知郎氏 青山愛アナの不手際に呆れ「素人じゃないんだから」

古舘伊知郎氏が青山愛アナの不手際を注意「素人じゃないんだから!」

25日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、古舘伊知郎氏が、青山愛アナウンサーの不手際を注意する場面があった。

番組のスポーツ解説コーナーでは、青山アナが中心となって、プロ野球開幕後の試合の模様を伝えていた。

ハプニングは、プロ野球解説者の稲葉篤紀氏が横浜DeNAベイスターズ・柴田竜拓内野手の活躍を称賛した場面で発生する。ひとしきりトークが済んだ後、スタジオは約2秒ほど沈黙に陥ってしまい、古舘氏がすぐに「どうしたんですか? この間は? もう大丈夫ですか」と、青山アナに詰め寄ったのだ。

青山アナが笑顔で「いやいやいや!大丈夫です!」と応じると、古舘氏は呆れたように「大丈夫って…。あなた素人じゃないんだから!大丈夫ってねぇ」と注意。その場は笑いに包まれ、青山アナも笑いながら「すみません」と言って頭を下げた。

スポンサーリンク
その後、古舘氏はハプニングに乗じて「窓の外を魔女が通りすぎるとかよく言うんですよ」「ふとした間が空いちゃうっていう」と説明していた。