古舘伊知郎氏の報道ステーション出演料は破格? 荒稼ぎした金額

格差の是正を熱く唱えて「古舘キャスター」の年間出演料12億5000万円

東京の桜が満開を迎える頃、日本で最も有名な“夜の顔”が静かに姿を消す。だが、12年もの長きに亘り、“庶民の代弁者”として熱弁を振るってきた古舘伊知郎キャスター(61)である。世間という碁盤を挟んで対峙した碁仇の退場を惜しみつつ、ひとつの疑問が湧き上がった。あんなに荒稼ぎしながら、どうして庶民の気持ちがわかったの?

***

今月末をもって『報道ステーション』を降板する古舘キャスターはここ数年、以前にも増して激しく持論を唱えるようになった。

昨年1月に放映された堀江貴文氏とのやり取りでは、

〈たった1%の世界の富裕層が、世界中の富の半分を占めるようになる。行き過ぎじゃないですか、グローバリズムって〉〈富が集中してるなって、所得の再分配をしなきゃいけないなって、マジメに思うもの!〉

また、その翌月には『21世紀の資本』で知られるフランスの経済学者、トマ・ピケティ氏と対談し、

〈富裕層の累進課税を進める。ほんの少しの率でも物凄いスケールの資産があるので、ちょっと取ったからって、この人たちは傷ついたりしないわけです〉

それ以後も、機会を捉えて格差の是正を訴え続けてきた。『報ステ』が未だに14%台の高視聴率を叩き出すことからも、彼のスタンスが支持されていることが窺える。

スポンサーリンク

しかし、彼の財布の中身を知ると話は少々、変わってくる。