舛添都知事『海外出張経費が2億円突破!都条例で定めた宿泊費上限を特例で増額!本年度予算は3.3億円!』

舛添要一東京都知事が2014年2月の就任後に行った8回の海外出張の経費が合計で2億1300万円に上ることが分かった。
共産党都議団が7日、1回当たりの費用は平均2600万円余で石原慎太郎元知事の平均額を1000万円上回っていることを明らかにし、随行職員が多いためだと指摘。

「『大名視察』との批判もある。都民の税金で賄われており、必要性を精査して経費節減の徹底を」
と改善を求めた。

都議団が都に情報公開請求した文書を分析した。舛添知事の出張経費で最も高額だったのは14年10月27日~11月2日の7日間、友好都市のベルリンや一二年夏季五輪開催地のロンドンを訪れた際の6975万円。

スポンサーリンク

19人が知事に随行し、このうち10人が一泊10万円以上の宿泊費を支払っていた。