日揮に続き清水建設もネットで炎上 「時代の象徴」か

日揮に続き清水建設もネット炎上、専門家「時代の象徴」  花見から見えるSNS時代のモラル

首都圏の花見シーズンも終盤。今年は、横浜市の公園でプラント建設大手の「日揮」がした花見の場所取りがインターネット上で炎上しました。その後同じ公園では、別の企業の花見も「えげつない」と炎上する事態に。専門家は「SNS時代の象徴」と話します。

騒動の舞台、市民憩いの場

横浜市のJR桜木町駅から徒歩10分弱。閑静な住宅街を歩くと、緑の多い公園が目に入ります。1914年開園の掃部山(かもんやま)公園です。江戸時代、開国に踏み切った幕末の大老・井伊直弼をたたえ、別名である「井伊掃部頭直弼」から公園の名前がつきました。園内には直弼の銅像が建ち、横浜市民にとっての憩いの場となっています。200本の桜が咲き誇り、花見シーズンには毎年多くの人が訪れます。

日揮、大規模な社名シートで炎上

日揮の社員が花見の準備をしていたのが3月28日の昼。公園の花見エリアにブルーシートを敷いていましたが、管理する市の土木事務所に注意されました。土木事務所の職員は「シートを敷くことはもちろんルール違反ではないが、余りにも広すぎて非常識だったし、このままだと他の花見客に迷惑がかかると判断した」。日揮が敷いたシートは花見ができる1500平方mのうち500平方mを占めていました。

しかし、日揮は撤去することなく立ち去り、夜間は無人のシートが残りました。無人での場所取りは公園のルール違反です。土木事務所は29日も日揮に注意しました。そして同じ頃、ネット上では日揮を名指しした炎上が起きる事態になりました。

きっかけは、場所取りのシートを写したツイートでした。シートには「お花見会場 OHANAMI SITE 日揮株式会社 JGC CORPORATION」と書かれた紙が貼ってあり、加えて「使用期間/時間帯」とともに3月28日~4月1日までの日程と時間が記入されていました。長い日で、10時間ほど使う予定を記していました。さらに「上記時間以外はご自由にお使いください」とも書かれていました。

花見エリアの3分の1を占めるブルーシートに加えてこの貼り紙の内容に、ネット上では「何様だ」「常識を疑う」といった書き込みが次々。花見自体は社内の有志によるものでしたが、会社として「迷惑になる行為をしないように」と通知を出すことになり、30日午前中までにはシートが全て撤去されました。

代行を使った清水建設も特定される

炎上の舞台となった掃部山公園。ツイッターの投稿によると、シートが撤去された場所は、「ブルーシート・ヨコハマ」と名付けられるほど、無人のシートがまた次々と敷かれていきました。そして、その一角で30日にあった清水建設横浜支店の花見が「えげつない」と再び炎上しました。

支店によると、花見は年度の締めくくりの恒例行事。30日は約60人が集まり、午後5時半から1時間半ほど開かれました。会場が投光機に照らされ、ケータリングや座椅子などが用意された様子を公園を訪れた人がツイート。すでに公園自体が話題になっていたこともあり、「本気の花見」などと注目を集めました。

支店によると、花見の段取りは場所取りを含めてイベント会社に代行を依頼していました。そのため、園内でも明確に支店の花見だと分かるものはありませんでしたが、複数の人が場所取りからの様子を投稿することで、社名が特定される結果となりました。

スポンサーリンク

土木事務所は「特に問題があったとは思っていない」としており、注意などはしていません。また、支店の担当者は「公園のルールに沿って、花見を普通にしていただけ。現場ではトラブルも特になかった」と困惑しています。ただ、ツイッター上での反応については「受け取り方によってはご不快な思いをする人もいるかと思うので、そこは是々非々で反省していきたい」と話しています。