民進党の公式Twitterアカウント、地震対策めぐり不適切ツイートし謝罪

民進党の公式Twitterアカウント 地震対策をめぐる不適切な投稿を謝罪

15日、民進党の公式Twitterアカウントが、過去の震災対策をめぐる不適切な投稿を削除し、謝罪した。

ことの発端は同日夜に熊本県で発生した地震にある。この地震は震度7を観測し、15日現在までに9人の死亡が確認されている。民進党はすぐさま「熊本地方地震災害対策本部」を設置し、枝野幸男幹事長が記者たちに自党の緊急対応を説明したという。

公式アカウントがこうした対応をツイートしたところ、あるTwitterユーザーは

「東日本大震災時の自民党のような対応を望みます」

とリプライを飛ばした。すると、公式アカウントは一言

「それじゃあダメでしょうね」

と返信したのだ。

スポンサーリンク

このコメントに対して、数多くのユーザーが反論したようだ。