【熊本地震】下敷きになった東海大生は友人の手を握りしめた 10人以上が生き埋めとなったアパート「大きな声で励まし合って耐えた」 

東海大学の学生ら生き埋め 大きな声で励まし合い耐える

救出してくれた友人の手を強く握った男子大学生、「友達も助かって」と祈る中国人留学生-。

16日午前1時25分ごろに発生した地震で、震度6強の激しい揺れに襲われた熊本県南阿蘇村では2階建てアパートの1階部分が崩壊、近くにある東海大学阿蘇キャンパスの学生ら計10人以上が下敷きとなった。消防隊員や難を逃れた男子学生らは、激しく変形したアパートで必死の救助活動を続けた。

地震発生から約4時間半が経過した午前6時前。アパート1階で就寝中だったという同大農学部3年の鷲頭朋之さん(21)は、救出活動にあたっていた消防隊員に抱きかかえられるようにして、天井と床のわずかな隙間から救出された。すぐに毛布にくるまれ路上に横たわる。

「大丈夫か」。胸を負傷し、苦しげな表情を浮かべる鷲頭さんのもとに、救出活動に加わった友人らが駆け寄ってきた。鷲頭さんは右手で胸を押さえながら、左手で友人らの手をしっかりと握りしめる。「天井に挟まれて動けなくなった。でも、外からの友人の声に励まされた」。

痛みに耐えながら絞り出したその声には、友への感謝と安堵が感じられた。

スポンサーリンク

同学部1年の梁嘉玲(りょう・かれい)さん(19)は相次ぐ地震に恐怖を感じ、眠れないまま部屋で友人4人と話をしている最中に、激しい揺れを感じた。「最初に床が抜け、次に天井が落ちてきた」。偶然、こたつのテーブルが支えになり、天井と床の間にスペースができたため、押し潰されずに救出を待つことができた。

しかし、一緒にいた友人は安否不明のまま。

「絶対出られる、絶対助かると思っていたが…怖かった。友達も早く救出されてほしい」

と祈った。

同大農学部4年の女性(22)は、1階の自室のベッドで寝ている最中に地震に遭遇した。起き上がろうとしたが、気づいたときには天井や壁がすぐ目の前に迫っていた。そこで初めて生き埋めになったことを知った。

残された狭い空間で、前屈みの姿勢を強いられたまま救助を待った。救出の手が差し伸べられたのは午前6時ごろ。「5人くらいの助けを求める声が聞こえた。みんなで『頑張ろう』と大きな声で励まし合いながら耐えていた」。救助隊から渡された毛布に身をつつみ、震える声でこう話すと、救助活動を心配そうな表情で見守った。