日本人も知らない「日本」を楽しむ台湾の「懐日」ブーム

日本人も知らない 台湾での「懐日」という新たな潮流とは

戦後の台湾における対日イメージの形成は、中国から渡った国民党政権の「反日」キャンペーンから始まった。李登輝時代の1990年代以降は「反日」は影をひそめ、逆に「親日」「哈日」(哈=英語で「HOT」の意味)が急速に台頭し、日本でも話題となった。そしていま「懐日」という新たな潮流が生まれつつある。

元・朝日新聞台北支局長でジャーナリストの野嶋剛氏が現地よりレポートする。

* * *
3月上旬の台湾南部・台南は真夏のような暑さだった。「誠品書店」という台湾最大の書店チェーンのイベント会場。座席部分は満席で、立ち見も立錐の余地もないほどの人で埋まった。

お目当ては日本の「老東西(古い品)」に焦点を当てた新刊書『老物潮』(遠流出版)の著者、蘇拉図さんの新書発表会。

本を開くと、「良薬懐中 銀粒と小粒 仁丹」や、「火傷・挫傷・頭痛のメンソレータム」、「殺虫液 キンチョール」など、日本統治時代に作られた宣伝用の小さなブリキ製の看板の写真がずらりと並ぶ。これらを長年こつこつと収集してきた蘇拉図さんが、一つひとつ軽妙な解説を加えて、聴衆を沸かせた。

スポンサーリンク

同書は、清朝や戦後初期の「老東西」も含めた本になっているが、中心は日本時代の品々。蘇拉図さんは1976年生まれで、現在の馬英九・国民党政権では本名の「蘇俊賓」の名で党の要職にある。政府のスポークスマンも務めた若きエリートだ。台南で大学教育を受けた頃から「懐日」の品々を集めることに夢中になった。台南の旧日本家屋までセカンドハウスに購入している。

蘇拉図さんは「古い日本」に惹かれる理由をこう語る。