日本人も知らない「日本」を楽しむ台湾の「懐日」ブーム

「日本は、この台湾に多くのものを残しました。古い品々は、あの時代、確かに台湾が豊かさの中で生きていた証明でもあり、私の祖父や祖母の世代の台湾人が大事にしたものを感じ取れる手がかりです。政治とは関わりなく、収集は台湾に生きる人間として自分の文化の根源を自覚する作業です」

人口188万人の台南は日本時代に残された建築の宝庫だ。「旧気象庁」「旧武徳殿」「旧台南州庁」など日本時代の建築物が密集する台南の繁華街は、まるで戦前の日本にタイムスリップした錯覚に陥るほどだ。その一角にあるデパート「林百貨」は一昨年リニューアルオープンされ、懐日ブームの先頭を行く観光地として連日多くの人で賑わう。

林百貨は日本時代、台湾最大級の百貨店として栄えたが、戦後は政府に接収され、1980年代以降は荒れ放題に放置されていた。いま店内では土産物に日本のグッズも売られ、ビルの屋上に残っていた神社や機関銃の台座の前では若者たちが競って記念写真を撮っていた。

台湾で「懐日」が流行り出したのはこの5年ほどだ。台湾全土で、日本の大正や昭和のレトロな雰囲気を漂わせるカフェやショップ、レストラン、民宿が次々と生まれている。林百貨のように日本時代から残された建築を補修・再利用するケースも多いが、新しい店を「懐日」風に作ってしまうこともある。

「台湾は親日的だ」とよく言われるが、蒋介石・蒋経国のいわゆる「両蒋時代」には日本時代のマイナス面が強調され、台湾の人々の親日感情が目立たないようにコントロールされてきた。それが民主化以降は、日本時代が客観的に論じられるようになり、フタが取れたように日本への好感情も吹き上がった。

最初に広がったのが「哈日」という現象だった。「哈」は台湾語で「メチャクチャ好き」という意味で、台湾人のコラムニスト・作家の哈日杏子(ハーリー・キョウコ)さんが名付け親だ。

哈日杏子さんによれば、日本ファンを表す「哈日族」という言葉が彼女の著書を通して流行り始めたのは20年前から。その時期は、日本の漫画やキャラクターがまだ台湾にとっては珍しい時代だった。哈日杏子さんは当時の「哈日」と今日の「懐日」の境目を、こう考える。

「台湾では、最新の日本文化を楽しむ『哈日』が当たり前になりました。ユニクロや無印良品など日本企業もたくさん台湾に進出しました。台湾にいても、日本にいるのか台湾にいるのか分からなくなるほどで、コンビニで日本風のおにぎりやドリンクを普通に買います。日本が日常の一部になり、今度は古い日本にも目が向いているようです」

スポンサーリンク

●のじま・つよし/1968年生まれ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。1992年朝日新聞社に入社。シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月よりフリーに。主な著書に『ふたつの故宮博物院』『ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち』など。※SAPIO2016年5月号