舛添知事 公用車で湯河原の別荘に通っていたことは「問題ない」

公用車で湯河原町へ 舛添知事「問題ない」

東京都の舛添知事が、頻繁に公用車で神奈川県湯河原町にある事務所兼別荘に通っていたことが分かった。舛添知事は「公務のためで全く問題ない」と説明している。

東京都によると、舛添知事は、湯河原町にある事務所兼別荘に去年4月からの約1年間で48回、都の公用車で通っていた。これに対し舛添知事は、公用車の使用についても、都心から離れた湯河原に頻繁に滞在していることの危機管理上の問題も「全く問題ない」と説明した。

スポンサーリンク

舛添都知事「ここのところものすごく仕事が忙しいですから、朝から晩までの仕事が1週間詰まっちゃうので、一番静かで仕事ができる事務所ですから、そこ(湯河原町)でやるということです」「(Q公用車を使って行くことに問題は?)問題は全くありません。全てルールに従ってやってまして、どこにいても万全の危機管理ができる体制はしてあります」「(Q今後も湯河原に行く?)全然何の問題もありませんから、ちゃんとルール通りやってるわけですから全く問題ないと思います」

都庁から約100キロ離れた湯河原町に、知事が頻繁に滞在することについては、災害が発生した場合、都庁にすぐに戻れないため危機管理上問題があるとの指摘もある。