フィフィ「本当に愛国心がない」 民進党を痛烈に批判

フィフィ 民進党を痛烈に批判「本当に愛国心がない」「この人たち日本人なの?」

1日放送の「そこまで言って委員会NP」(読売テレビ)で、タレントのフィフィが、野党第一党の民進党を痛烈に批判した。

番組では「この国に足りないもの徹底究明SP」と題し、地震研究、待機児童問題などについて討論。その中で、「今の野党に足りないと思うこと」が議題に上ると、フィフィは「政策と愛国心」との主張を掲げた。

フィフィは外国人の立場から「野党の人たちの口から出る言葉が本当に愛国心がない」「この人たち日本人なのかって」と野党の主張に違和感があることを批判した。この意見に明治天皇の玄孫で作家の竹田恒泰氏は「よく言った!その通り!」と大声で賛同した。

さらにフィフィは、安全保障関連法案においても野党は「軍事国家に走っていく」などと反発するだけだと指摘する。

スポンサーリンク

日本の未来のために話し合わなければならない状況にも関わらず野党は邪魔しているとし、「本当にこの人たちは国の未来を考えているのか」と厳しく批判した。