厚切りジェイソン 元米兵の死体遺棄事件後に受けた暴言を告白

MAX
遺族の皆様にお悔やみ申し上げます。
斉藤
二度と同じことが起こらない様に、改善策を追究してほしいですね!

厚切りジェイソン 元米兵の死体遺棄事件後に受けた暴言告白「アメリカ帰れ」

22日放送の「Mr.サンデー」(フジテレビ系)で、アメリカ・ミシガン州出身のお笑いタレント・厚切りジェイソンが、沖縄での死体遺棄事件発生後に受けた暴言を明かす場面があった。

この日の放送では、元米兵による20代女性の死体遺棄事件を取り上げた。

沖縄県うるま市で女性が先月から行方不明となっている事件で、警察は元米兵で現在軍属の男を逮捕した。この男の供述通り、行方不明女性と思われる遺体が発見されている。

また、男は「女性を背後から棒で殴った。刃物で刺した」とも語り、殺害もほのめかしているという。

この悲劇的な事件に対し、被害女性の親族は泣きながら、報道陣に向かって

「どこかに飛んでってくれないかね。(米軍)基地なんかね」

「この基地いらないよ」

と訴えている。番組VTRでは、大勢の人々が北中城村の米軍キャンプ前に詰めかけ、

「殺人者が何やってる!」

「帰れ!」

と叫びつつ、抗議を続ける姿を放送した。

スタジオでは、厚切りジェイソンが事件の感想を問われ、「最悪ですよ。ひどいですよ」とコメントする。沖縄の人々が事件に怒るのは当然だし、自身もひどく腹を立てているという。

そして、厚切りジェイソンはこうした事件が起きるたび、アメリカ人が全員敵に見えてしまうこともあるだろうと語った後、

「僕もこの事件が起きてから、Twitterでなんか『アメリカ帰れ』と言われるようになったんだけど」

と、暴言を受けたことを告白したのだった。

スポンサーリンク
実際、厚切りジェイソンのもとには、事件に対するコメントを求める声が多く寄せられていたようだ。そうした人々に対して、厚切りジェイソンは同番組放送前にTwitterで、を番組視聴をするよう、うながしてた。