氷室京介、LAST GIGで“完全燃唱” アンコール3回全35曲「死ぬまで終わんねぇぞ」

MAX
3日間16万5000席に対し、40万件の応募が殺到したらしいね!今もこれだけ人気があるなんてすごいね!
亜希
さっきスッキリ!であってた!産まれる前の曲ばかりだった(*´з`)w
斉藤
私もスッキリ!みてました!世代じゃないんだけど、カッコイイと感じました♪
MAX
60歳のアルバム期待してます!

ロック界のカリスマ・氷室京介(55)が23日、東京ドームで『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS』を行い、1988年4月5日のBOΦWY解散と同じ場所で35年に及ぶライブ活動に区切りをつけた。

ステージ真裏席までぎっしり埋め尽くした5万5000人の観客がヒムロックの生き様を目に焼き付けるなか、Wアンコールで「今夜は死ぬまで終わんねぇぞ」とあおった氷室は、トリプルアンコールまで3時間15分にわたって熱唱。

全35曲のラストは万感の思いを込め、「B・BLUE」で“完全燃唱”した。

11万人を動員した氷室京介の全曲BOΦWY復興ライブ

午後6時7分に場内が暗転すると、“ラストステージ”はBOΦWY時代の「DREAMIN’」の大合唱で幕を開けた。両手を広げて大歓声を浴び、キラキラした笑顔を浮かべた氷室が「最後までじっくりゆっくり楽しんでください」と呼びかけると、拳を突き上げた5万5000人の雄叫びが轟いた。ソロアーティスト最多12公演目となる東京ドーム公演は、3日間16万5000席に対し、40万件の応募が殺到。

ステージ真裏の死角席「リアルビューイングシート」(2000席)も売り切れた。

4月23日からスタートし、全7公演で30万人超を動員した『LAST GIGS』ツアーは、2014年7月に開催された横浜スタジアム公演で氷室がリベンジを誓って実現した。

両耳の難聴(トーンデフ)により、当初は横浜公演をもって「氷室京介を卒業する」と宣言していたが、雷雨による中断、リハーサル中のろっ骨骨折で満足のいくライブができずに「このリベンジをどこかで必ず」と再演を約束していた。

スポンサーリンク

BOΦWY時代の「ONLY YOU」、ソロデビュー曲「ANGEL」などを惜しみなく披露。「IF YOU WANT」「LOVER’S DAY」などは、左耳のイヤーモニターを押さえながらの熱唱となり、「(耳の)コンディションも良かったり悪かったりで、聞き苦しいところもあるかもしれないけど、二度とない空間なんで」と理解を求めた。