内田裕也が都議会の傍聴へ「舛添ふざけんなよ」

内田裕也が都議会“襲撃”「舛添はロックじゃない。フォークソングだ!」

ロックンローラーの内田裕也(76)が8日、政治資金私的流用疑惑の渦中にある舛添要一東京都都知事(67)への一般質問が行われる都議会を傍聴に訪れ、記者団に

「舛添はロックじゃない。フォークソングだ!」

とシャウトした。

前日、ツイッターで“襲撃”を予告していた裕也は、議会スタート前に報道陣の前に姿を見せ

「1991年東京都都知事選で中傷、罵倒を受けながらも4位になった身としてな。舛添ふざけんなよ、選挙民をナメてんのか、という気持ちで来たぜ」

と息巻いた。

「(追及から)逃げ切ろうとしているのは明らかだ。オレなら辞めるな。ファーストクラスには乗りません、だ? エコノミー乗ってけよ」

午前7時起床で同10時には都庁議事堂に到着。エキサイトしているのか、混雑したことを注意した一般傍聴者と軽い口論になる場面もあった。

スポンサーリンク

2009~10年の民主党政権時の「事業仕分け」会場にも連日姿を見せ、豪快なヤジで注目を浴びた裕也だが、都議会では傍聴人のヤジは厳禁。

「違反したらヤバイな」と言いつつ「つまみ出されるのがいちばん面白いな」と不敵に笑い、傍聴席に着いた。

一般質問は午後7時半頃まで続く予定だ。