元ヤンキー町議が語る暴力団との対話「話せばわかると信じてる」

元ヤンキー20代当選議員「暴力団との対話も政治です」

■元ヤンキー 福岡県みやこ町議会議員・橋本真助氏

あす7月10日は、参議院選挙です。

yank

昨年6月に成立した公職選挙法改正により、選挙権年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられてから初めての国政選挙となります。

一方、現在は25歳以上である被選挙権(参議院は30歳以上)を同様に引き下げるべきとの議論も始まりました。

選挙制度改革の議論は、国政を中心に考えがちですが、有権者に最も身近な存在である地方行政に大きな影響を及ぼす地方政治についても考えていく必要があるのではないでしょうか。平均年齢が60歳以上ともいわれる地方議会の高齢化は、民主主義における多様性の危機と言えるかもしれません。

そこで、各議会で最年少当選した地方議員のうち、20代で当選した「20代当選議員」に注目し、その中でも1985年以降に生まれSNSで繋がることができるデジタルネイティブ世代の議員たちへのインタビューを通して、その実態に迫ってみたいと思います。

その中には、日本の民主主義の将来や、地方政治の行く末について考えるヒントがあるかもしれません。

第1回は、20代で当選した数少ない「町議会議員」である橋本真助さんです。橋本さんは、被選挙権を得た25歳時に福岡県京都郡みやこ町の町議会議員選挙に無所属で立候補し初当選し、昨年の29歳時に再選。現在、町議会では文教委員長と基地対策委員長を務めています。昔は、地元ではその腕っぷしを知らない人はいないほど「ワル」だったという橋本さんのリアルとは……。

スポンサーリンク

■「暴力団にわっと言われてもシュンとなったら負け」

――まず、なぜ選挙に立候補しようと思ったのか、その理由を教えてください。

自分が住んでいる町は福岡県でもかなりの田舎町です。豊かな自然や地元の人同士の温かい交流が残っているという良い面もあるのですが、交通の便や生活の面で若者にとっては住みにくい場所です。住みにくいのであれば、自分たちで自分たちが住みやすい場所にすればいいんじゃないかと思ったのがきっかけです。

――昔は、「ワル」だったと聞いていますが。