甘利明氏 睡眠障害で1カ月間の自宅療養が必要との診断書を提出

自民党は16日の衆院議院運営委員会理事会で、甘利明前経済再生担当相が睡眠障害で1カ月間の自宅療養が必要だとの診断書を提出した。診断書は15日付で「ストレスを避けて安静にするように」とも書かれていた。野党は、甘利氏が衆院本会議を欠席している理由を問い合わせていた。

野党は、金銭授受問題の真相解明のため、甘利氏の国会招致を要求している。