清原容疑者「あの野郎、ぶっ殺す!」これが“お蔵入り”激ヤバTV収録の全容

【薬物逮捕でアウト!番長の転落と闇(17)】

あの野郎、ぶっ殺す! 覚醒剤取締法違反(使用)容疑で23日に再逮捕された元プロ野球選手・清原和博容疑者(48)が出演し、あまりにもヤバすぎたためお蔵入りとなった番組の全容が分かった。薬物疑惑が報じられる直前の2014年3月に収録されたもので、清原容疑者は異様なテンションでブチ切れトークを展開。なかでも巨人からの戦力外を通告した当時の球団代表・清武英利氏(65)への怒りはすさまじく、その話題になるや、突如として目が据わり「あいつは殺す。殺したる」とドスを利かせたという――。

「ろれつ回らへんし、しゃべってる内容も使えるもんではないし。多分朝までお酒飲んでたと思った。目も据わってるし」

今田耕司(49)は今月中旬放送の「特盛!よしもと」(読売テレビ)のなかで、清原容疑者との番組共演を振り返った。

異様な空気は、共演した東国原英夫氏(58)も感じていたようで「僕もその番組に出ました。酔っ払ってんのかなって思ったんですよね。でもお酒のにおいがしない。頭の中でクエスチョンマークだったんです」と別番組で証言している。

スポンサーリンク

また、ジャーナリストの山路徹氏(54)も「支離滅裂なことをしゃべりっぱなしで止まらなかった。司会者が口を挟む余地もないくらいでした」と明かした。

問題の番組が収録されたのは2014年3月上旬。直後に清原容疑者の薬物疑惑が「週刊文春」で報じられた。メーンMCは今田で、清原容疑者はスペシャルゲストとして参加していた。

テーマは過去のブチ切れエピソード。日焼けした清原容疑者はのっけからハイテンションで「外人選手はみんな俺にビビってた。(アレックス)カブレラもそうや!」と豪語していたという。

そんななか、最も激怒した出来事に話が及ぶと表情が一変。目は据わり、イライラした様子でこう言い放った。

「もう止められへん。あいつだけは…清武だけはぶっ殺す! 殺したる」

巨人時代に戦力外を通告したのは、当時球団代表を務めていた清武氏だったそうで積年の恨みがあるという。番組関係者が補足する。

「清原さんの説明では、清武氏からホテルに呼び出されて行ったところ『キヨ、おまえ、もういらんわ』と素っ気なく言われたそうです。清原さんは『そうすか』と答え、すぐに別れたそうですが、人生最大の屈辱だったとか。番組では何度も『殺す』と本気モードでつぶやいていました。不穏な空気が流れましたね」

清武氏は著書などで、清原容疑者が「ここから飛び降りる」と話したと述懐している。

清原容疑者は酔うと「野球人生でどうしても許せない3人」についてよく語っていた。1人は悲劇のドラフトを演出した元同僚の桑田真澄氏(47)、次に巨人時代に冷遇した堀内恒夫元監督(68)。そして最後は必ず清武氏で「いまでも悔し涙を流しながら話すことがある」(関係者)ほど憎んでいたという。

物騒な発言はこれだけではない。